<

0/

>

2016 08 09

収納棚|TN-12

「今使っているのデスクの天板を延長し、下部を収納に」というご注文を頂きました。
既存のデスクは、やまのかみ木工所製作ではないですが、5年以上使い込まれた無垢の家具でした。その天板は、耳付材という樹皮に近い部分まで使用した自然な曲線が魅力なものでした。
新しく作らせていただく家具は、既存天板の曲線に極力馴染ますことで、まとまりのあるデスク周りを目指しました。

デスクに座らせていただくと、横長のガラス窓から庭の草花や、畑を眺めることができます。
良い文章が書けそうな、庭のミツバチの様子が気になりそうな、そんな場所に感じました。つまり、仕事に打ち込むことも、誘惑に負けて遊ぶことも、どちらも強要しない、どちらも受け入れてくれる。そんな居心地の良さでした。

ヤマザクラ
オイルフィニッシュ
山梨県北杜市・KN様